GALLERY

STYLE WAGON & K-CAR SPECIAL FESTA 2014 - ドレスアップの融合

2014.11.16(SUN)@富士スピードウェイ

ミニバン、SUVのドレスアップ誌「スタイルワゴン」が毎年秋に開催していた「ドレスアップミーティング」から、今年は、軽自動車誌「Kカースペシャル」が加わり、更に大きなイベント「STYLE WAGON & K-CAR SPECIAL FESTA 2014」略して「S.K.F.(エス・ケー・エフ)」として開催。
多くの展示が可能となる富士スピードウェイに場所も変え、S.K.F.以外にも、カーオーディオの祭典「ACG」や1BOXカーの祭典「SBM」も富士スピードウェイの別エリアで同時開催された。5011人が来場し3つのイベントが同日に観ることが出来る大規模なイベントとなった。

EVENT SCENE

本イベントにELFORD(エルフォード)、ESPRIT(エスプリ)、GIALLA(ジアラ)の3社とコラボレーションし、「ELFORD,ESPRIT,GIALLA feat.PARADA Spec-X」として出展。
ワゴンやSUV、ハイエースオーナーへのプロモーションを行った。コラボレーションしたデモカーにPARADA Spec-Xを装着。その6台を紹介。

  • image 01
  • image 02
  • image 03

PARADA Spec-X × ELFORD HARRIER

エルフォードがランクルで積み重ねたノウハウを60ハリアーに投入。ランドクルーザープラドと同様のデザインが随所に見られる。また、エルフォードの定番とも言えるリアハーフスポイラーから見せるマフラーも4連の仕様となっているが、60ハリアーのデザインに合わせテールエンドは角の形状になっているなど、エルフォードの基本デザインを受け継ぎながらも60ハリアーだけの特徴も出している。
ホイールはBAZO B41を装着。そのメッキの5本スポーク間からエルフォードオリジナルの大経のブレーキローター・キャリパーがドレスアップされ、性能の両面から存在感をアピールしている。
「純正ブレーキの容量が小さいので、ホイールを装着するとその奥側が見えて、格好が悪いのと、ハリアーの車重から考えても制動能力に不安があるので、フロント6POT、リア4POTのオリジナルブレーキを装着しました。」とエルフォード 荻野氏。また、その足下を支えているのは265/35R22のPARADA Spec-X。「SUVにありがちな腰砕け感はなく、コーナーリングも安心でき、高い静粛性と安定した乗り心地で、ワンランク上の快適性が実現されています。」と語る。 

TOYOTA HARRIER

  • image 07
  • image 08
  • image 09
CAR TOYOTA HARRIER
TIRE PARADA Spec-X(F&R=265/35R22)
WHEEL BAZO B41(F&R=22×8.5J)
EXTERIOR ELFORD フロントバンパースポイラー/リアハーフスポイラー/3Dウィンドウトリムキット
モデリスタ サイドステップ
SUPENSION RS-R車高調
PERFORMANCE ELFORD フロント:380mmローター 6ポットキャリパー/リア:350mmローター/4ポットキャリパー
ELFORD スロットルスペーサー
ELFORD サクションチャンバーパイプ
ELFORD エアロ専用 左右4本出しマフラー
ELFOED Website: http://www.meiwa-net.com

PARADA Spec-X×ELFORD LANDCRUISER PRADO

ランクルを中心に数多くのオリジナルパーツをリリースしているELFORD(エルフォード)。今回のランドクルーザープラドは発売したばかりの新作のエアロを装着。
フロンバンパーボトム部のウィング形状や、4本出しマフラーなど従来のコンセプトを継承しながら、左右の開口部にはエルフォード初の片側5連のLEDランプを配置するなど、新作でありながらエルフォードらしさを取り入れたデザインとなっている。 ホイールは、24inchのBAZO B26を採用し、メッキの6本スポークが、エアロデザインと非常にマッチしている。そのホイールに到着されているタイヤは、24インチのPARADA Spec-X。ランドクルーザープラドの車重を支えながらも静粛性に優れているPARADA Spec-Xはエルフォードにとって上質な走りを実現出来るマストアイテムとなっている。

TOYOTA LANDCRUISER PRADO

  • image 04
  • image 05
  • image 06
CAR TOYOTA LAND CRUISER PRADO
TIRE PARADA Spec-X(F&R=295/35R24)
WHEEL BAZO B26(F&R=24×10.0J)
EXTERIOR ELFORD フロントバンパースポイラー/リアハーフスポイラー/フロントグリル
INTERIOR ウッド調インテリアパネル
SUSPENSION ELFORD 50mmダウンコイルスプリング
PERFORMANCE ELFORD スロットルスペーサー
ELFORD エアロ専用 左右4本出しマフラー
K&N リプレスメントタイプ エアクリーナー
ELFOED Website: http://www.meiwa-net.com

PARADA Spec-X × ESPRIT HARRIER

30ハリアーからレクサスRXと熱列なファンが多い人気ブランドのエスプリ。残念ながらフロントバンパーが間に合わずノーマルとなってしまったこのハリアーは2台目のデモカー。(1台目はサスペンション開発をしているため、この会場に持ち込むことは出来ず・・・)
このハリアーも「ユーロスポーティーラグジュアリー」をコンセプトに開発されており、リアビューからもそのコンセプトが覗える。
タイヤは純正タイヤの外径と同等でフェンダーとの干渉など不具合ない265/30R22のPARADA Spec-Xを装着。「インチアップタイヤはノイズが大きくなることが多いのですが、PARADA Spec-Xはアグレッシブなデザインですが気にならないほど静かです。また、ショルダー部のデザインの格好良さが好きですね。」とエスプリ代表 河村氏。

TOYOTA HARRIER

  • image 16
  • image 17
  • image 18
CAR TOYOTA HARRIER
TIRE PARADA Spec-X(F&R=265/30R22)
WHEEL GHOSTLINE GL308N(F&R=22×9.0J)
EXTERIOR PREMIERE製ボディキット(リアバンパースポイラー)
PERFORMANCE エアロ専用バイパスマフラー
ESPRIT Website: http://www.esprit-ltd.com/

PARADA Spec-X×ESPRIT HIACE

「ユーロスポーティーラグジュアリー」のコンセプトでミニバン、SUVを手がけているESPRIT(エスプリ)。ハイエースも以前から手がけており、今回はハイエース4型のデモカーを展示。サイドステップ、リアバンパーは全モデルと同じだが、フロントバンパー、ボンネットは新たにデザインした新製品。また、現在リアバンパーも新たに開発中で、2015年にはリリースする予定。 ホイールはエスプリオリジナルのGHOST LINE GL306を装着。パールホワイトが際立つこのホイールに合わせ、今回の4型では、スタンスネーション的な発想であえてブラックのボディにすることにより、以前とは違う雰囲気を演出している。
タイヤは235/35R20のPARADA Spec-X。以前より評価を得ており、「ハイエースのドレスアップタイヤとして20インチで静粛性、乗り心地に優れるPARADA Spec-Xを選びました。」とエスプリ代表 河村氏。

TOYOTA HIACE

  • image 16
  • image 17
  • image 18
CAR TOYOTA HIACE
TIRE PARADA Spec-X(F&R=235/35R20J)
WHEEL GHOST LINE GL306(F&R=20×8.0)
EXTERIOR PREMIERE製エアロキット(フロントリップスポイラー/エアロ専用LEDデイライトアタッチメント/サイドステップ/リアバンパースポイラー/ルーフスポイラー/ユーロボンネット/ショートワイパーカウル)
INTERIOR PREMIEREガングリップステアリング
BRAKE PREMIERE BRAKE SYSTEM
SUSPENSION 2インチローダウン
ESPRIT Website: http://www.esprit-ltd.com/

PARADA Spec-X × GIALLA HARRIER

ジアラも60ハリアーが発売されて早々に着手し、発売したばかりのエアロを装着したデモカーを展示。 細かいところに拘った、大人の装いとしてジアラのコンセプトが多数盛り込まれたデモカーとなっている。
フロントバンパーのフォグの部分は純正の台形型を逆方向にデザインするなど、さりげなく違いを出している。 また、特にSUVは車高が高く見えるので、車高が低く見えながらワイド感があるデザインとし、ダクトを多用してスポーティー感も演出。 さらなるポイントは、塗り分けを考慮したデザインとなっており、このデモカーもボディ色であるホワイト、マットブラック、ガンメタリックの3色に塗り分けられている。その塗り分け方法で更なる個性を出すことが出来る仕様となっている。
ホイールは、RAYS VICTORIA CROSS MG5を装着。SUV用の設定でディープリムシルエットを採用しスポークを長く見せ、更にリムを深くみせるためにダイヤモンドカットをフランジ部まで伸ばしたアレンジが特徴となっている。
ハリアーの特徴とエアロデザインから、見た目のバランスとエアボリュームを確保した265/35R22のPARADA Spec-Xを選択。高い安全性と長期間使っても偏摩耗性にも優れ、静粛性と乗り心地の良さは引き続き高い評価を得ているが、更にサイズバリエーションでもユーザーにお奨めできるタイヤとして高い評価を得ている。

TOYOTA HARRIER

  • image 13
  • image 14
  • image 15
CAR TOYOTA HARRIER
TIRE PARADA Spec-X(F&R=265/35R22)
WHEEL RAYS VICTORIA CROSS MG5(F&R=22×9.0J)
EXTERIOR ジアラスポルティボ フロントハーフスポイラー/フロントグリル/サイドシルスポイラー/リアハーフスポイラー
GIALLA Website: http://www.gialla.co.jp/

PARADA Spec-X × GIALLA ELGRAND

ミニバンを中心に数多くのエアロをリリースしているGIALLA(ジアラ)。このエルグランドは現行のマイナー後で、発売されてすぐにエアロ製作に着手し2014年7月に発売。
派手さは無いが、ノーマルとの違いを主張したジアラのコンセプトは、大人のエアロとも言える。
フロントハーフスポイラーは、ノーマルグリルのデザインを残しつつLEDデイタイムランプ仕様となっており、サイドステップ、リアハーフスポイラーも主張しすぎずノーマルのデザインを崩さない仕様となっていながらも、マフラーはデュアルに変更されている。 この、白いボディカラーと程よいメッキパーツにマッチしていると言えるホイールは、RAYS VERSUS STRATAGIA VOUGE。22inchという大経サイズを最大限に演出している平面と曲面を折り重ねたデザインは更に足下からドレスアップを演出。その足下にジアラが選んだタイヤはPARADA Spec-X。
「純正ホイールの18インチから22インチにインチアップしながらも、ミニバンには欠かせない静粛性と乗り心地の良さが確保されています。今後のデモカーにもPARADA Spec-Xを装着していきたいです。」と高い評価を得ている。

NISSAN ELGRAND

  • image 10
  • image 11
  • image 12
CAR NISSAN ELGRAND
TIRE PARADA Spec-X(F&R=245/30R22)
WHEEL RAYS VERSUS STRATAGIA VOUGE (F&R=22inch × 9.0J)
EXTERIOR ジアラスポルティボ フロント/サイド/リア
SUSPENSION HKS ハイパーマックス Sスタイル X
GIALLA Website: http://www.gialla.co.jp/

« GALLERY