GALLERY

ESPRIT - MERCEDES-BENZ G-Class

ESPRITの新たなブランドにもPARADA Spec-X。

ハリアーやRXなど、日本のSUVのカスタムで多くの支持を得ているESPRIT(エスプリ)。今回のデモカーはMERCEDES-BENZ G-Class。
エスプリは今まで国産車のカスタマイズを行ってきたが、エスプリ代表 河村氏が以前よりカスタムしたいと思っていたG-Classを、従来のブランドとは別に新たなインポートブランド「HYPNOTIZE(ヒプノタイズ)」を立ち上げ、その第1弾として、ボディキットをリリース。 ヒプノタイズのエアロにより、G-Classの本来の姿を大きく崩さずに、より現代風にアレンジされている。
G-Classは日本でも根強い人気ではあるが、日本での台数は決して多くは無い。河村氏はヒプノタイズを日本だけでは無く、海外展開も視野に入れ、車種展開を予定している。

ホイールは、エスプリの定番ブランド「GHOST LINE(ゴーストライン)」のGL509のレッドを装着。赤の5本スポークで足元から引き締まったスタイルを演出している。
そして、そのホイールに装着されているのは、PARADA Spec-X。G-Classのエアロとホイールのバランスを考慮し、外径に拘りサイズは305/40R22を装着。
「以前より乗り心地の良さと静粛性の高さでPARADA Spec-Xを選んでいます。また、G-Classは、車体重量が約3tもあるため、性能がしっかりした安心して装着出来るタイヤしか履けませんね。」とエスプリ代表 河村氏。

SPEC INFORMATION

Vehicle MERCEDES-BENZ G-Class
Tire PARADA spec-X 305/40R22
Wheel GHOSTLINE GL509 22×10.0J +58
Parts HYPNOTIZE :フロントスポイラー LEDデイライト サイドステップ 専用LEDスポット リアスポイラー リアウイング

SHOP INFORMATION

Owner
車両販売〜カスタム全般までのハリアー・マイスター
静岡は藤枝市にあるエスプリは、得意のハリアーでのカスタムプロデュースで県外を含め多くのフリークたちから支持を集めている。ディーラー並みにショールームが構えられた敷地では車両販売から、整備、個々のユーザーに応じたカスタマイズまで行われる。そのスタイルは、ユーロ調のキレイ目LUXURYテイストがウリだ。そして「PREMIERE(プレミア)」ブランドでは、ハリアー、ハイエースのアフターパーツメーカーとして、現場でのノウハウを活かしている。

http://www.esprit-ltd.com

SHOP VOICE'S

Owner

エスプリ 代表取締役 河村 立哉氏

プレミアブランドではエアロデザインメーカーとしての側面で、カスタマイズを具現化するパーツをプロデュースしています。また、オリジナルホイール、デモカーの展示もしておりますので、是非ショールームにお越し下さい。

« GALLERY